« 2012年9月 | トップページ | 2015年1月 »

2012/10/26

[アイマス]PSP用ソフト「アイドルマスター シャイニーフェスタ」発売されましたよー!

という事で、今回は店舗特典なしで、アマゾンでの予約としました。
1日遅れるかと思ったら、発売日の午前中には着弾していた模様、スゴイぞアマゾン!(笑

で。いつものように(笑)3バージョンあるわけなんですが。
こいつのセーブデータをPSPとPS VITAで共有するのはできるかな、という事で検証してみたので、
共有の方法をまとめてみました。

…ぶっちゃけ、単に「セーブデータのコピー」なだけなんですけどね。f(^_^;
※参考:うちのブログの『PSP版「アイドルマスターSP」のセーブデータをPS VITAへ移行する方法』


まず『お約束』です。

PSP→VITAの直接のデータ移行は不可能 です。
必ず何処かにデータを一旦コピーしなければなりません。

方法は、
 1.PSP→PS3→VITA
 2.PSP→PC→VITA
の2通り。


A.PS3を介する方法

A.1.PSP→PS3へセーブデータをコピーする

 a.PSPとPS3をUSBケーブルで接続します

 b.PSPにてUSB接続を選択します

  XMBの[設定]→[USB接続]で○ボタン押下
  USBモードの表示を確認する

c.PS3にてセーブデータ管理(PSP Remaster/PSP)を選択します

  XMBの[ゲーム]→[セーブデータ管理(PSP Remaster/PSP)]で○ボタン押下
  接続してあるPSPのニックネーム(PSPに設定した名前)が表示されている事を確認する

 d.PSPからPS3へセーブデータをコピーします

  c.の状態から○ボタンを押下するとPSPに保存されているセーブデータが一覧表示されます
  アイマスSPで転送したいセーブデータに合わせて△ボタンを押下します
  画面右側にメニューが表示されるのでコピーを選択して○ボタンを押下します

  ★アイマスSFのセーブデータは全部で4つあります。
   (但し、必ずしも全ての人に全て在るとは限りません)
   ・共通データ
    各タイトルに共通する、P名、マニーなどが記録されているデータです。
   ・ゲーム進行データ(ハニーサウンド[HS],グルーヴィーチューン[GT],ファンキーノート[FN]の3種別)
    各タイトルでのクリア状況を保存してあるデータです。
    ※持って無いタイトル、もしくはセーブしていないタイトルがある場合はセーブファイルが存在しません

  ★コピー作業が終了した後、×ボタンで前に戻るとPS3に転送されたセーブデータが並んでいると思います
   ここでPS3にコピーしたセーブデータに合わせて△ボタンを押すと、右側のメニュにフォルダー分類(□)と表示されますので、
   この表示に合わせて○ボタンを押してみてください
   更に選択メニューが右側に表示されるので[タイトル別]を選択するとゲームタイトル毎にひとまとめになります。
   ※アイマスSPが1つにまとまるのは、後述するセーブデータのファイル名が「先頭から9文字」までが1種類で表記、管理されているからです。
    アイマスSFの場合は各タイトルのゲーム進行データがそれぞれのDL版の製品番号になっているため、PS3でのフォルダ分けの祭には3つになります。


A.2.PS VITA→PS3へセーブデータをコピーする

 a.PS VITAとPS3をUSBケーブルで接続します
  ※PSPとの接続はそのままでも大丈夫です

 b.PS VITAにてコンテンツ管理を選択します

  PS VITAのアイコンから[コンテンツ管理]を選択してタップします
  (接続直後はアイコンがアピールします)

 c.コンテンツ管理画面からセーブデータをコピーします

  [コンテンツをコピーする]の項目から、[PS VITA → PS3]をタップします
  [アプリケーション]をタップします
  [セーブデータ(PSP/その他)]をタップします
  PS VITAにあるセーブデータの一覧が表示されるので、PS3にコピーしたいデータにチェックをして右下の[コピー]をタップします


これでPS3へセーブデータをコピーできました。
この後、転送先のデバイス(PSP or PS VITA)へコピーします。


A.3.PS3→PSPへセーブデータをコピーする

 a.PSPとPS3をUSBケーブルで接続します

 b.PSPにてUSB接続を選択します

  XMBの[設定]→[USB接続]で○ボタン押下
  USBモードの表示を確認する

 c.PS3にてセーブデータ管理(PSP Remaster/PSP)を選択します

  XMBの[ゲーム]→[セーブデータ管理(PSP Remaster/PSP)]で○ボタン押下

 d.PS3からPSPへセーブデータをコピーします

  c.の状態でPS3に保存されているPSP用ソフトのセーブデータが一覧表示されます
  アイマスSF転送したいセーブデータに合わせて△ボタンを押下します
  画面右側にメニューが表示されるのでコピーを選択して○ボタンを押下します


A.4.PS3→PS VITAへセーブデータをコピーする

 a.PS VITAとPS3をUSBケーブルで接続します
  ※PSPとの接続はそのままでも大丈夫です

 b.PS VITAにてコンテンツ管理を選択します

  PS VITAのアイコンから[コンテンツ管理]を選択してタップします
  (接続直後はアイコンがアピールします)

 c.コンテンツ管理画面からセーブデータをPS3にコピーします

  [コンテンツをコピーする]の項目から、[PS3 → PS VITA]をタップします
  [アプリケーション]をタップします
  [セーブデータ(PSP/その他)]をタップします
  PS3にコピーされているセーブデータの一覧が表示されるので、PS VITAにコピーしたいデータにチェックをして右下の[コピー]をタップします


B.PCを介する方法

B.1.PCの前準備
  コンテンツ管理アシスタントのインストールをする
  (もうインストールが済んでる人は飛ばしてください)

 a.PS VITAをPCにUSBケーブルで接続します

 b.PS VITAの画面に「コンテンツ管理アシスタントをインストールする」という画面が表示されるので、これをタップします

 c.PC側ではPS VITAがCD-ROMドライブとして認識され、インストーラーが起動します

 d.インストーラーの画面に従ってコンテンツ管理アシスタントをインストールします
  ※各フォルダは後からでも変更できる

 e.コンテンツ管理アシスタントのインストールが完了したら、一旦PCとPS VITAとの接続を解除して、つなぎ直して下さい

 ※コンテンツ管理アシスタントは以下のサイトからもダウンロードできます
  最新版、及びMac版のダウンロードもこちらから
  http://cma.dl.playstation.net/cma/win/jp/index.html

B.2.PSP→PCへセーブデータをコピーする

 a.PSPとPCをUSBケーブルで接続します

 b.PSPにてUSB接続を選択します

  XMBの[設定]→[USB接続]で○ボタン押下
  USBモードの表示を確認する

 c.PCにて接続したPSPをエクスプローラーで参照します
  参照したPSPのフォルダを以下のフォルダ名で辿ります

  [PSP]-[SAVEDATA]

 d.PSPからPCへセーブデータをコピーします

  c.の状態で表示されるフォルダの一覧はPSPに保存されているセーブデータの一覧表示になります
  先頭の英字4文字+数字5桁が「製品番号」となっているのですが。
  今回はDL版の製品番号が使われています。

  ちなみに、アイマスSF(UMD版)は以下の製品番号になります
   ハニーサウンド(HS) :ULJS00544
   グルーヴィーチューン(GT):ULJS00545
   ファンキーノート(FN) :ULJS00546
  そしてDL版はこちら
   ハニーサウンド(HS) :NPJH50674
   グルーヴィーチューン(GT):NPJH50675
   ファンキーノート(FN) :NPJH50676

  で、実際に確認してみると以下の名前のフォルダが見つかるハズです
   NPJH50674UIDSYS
   NPJH50674UID0000
   NPJH50675UID0000
   NPJH50676UID0000

  ※但し、必ずしも全ての人に全て在るとは限りません
  ※持って無いタイトル、もしくはセーブしていないタイトルがある場合はフォルダが存在しないと思います
  ※また、PSの製品番号でデータが作られるのが、WS、MMだけで遊んでいた時にもそうなるかどうかはこちらで未確認です

  上記のセーブデータのフォルダをPCへコピーします。
  コピー先のフォルダはこれをご覧の皆さん各自で決めて頂いて良いと思います。
  が。
  セーブデータを共有するPS VITAのコンテンツ管理アシスタントで設定したPS VITA用データベースのフォルダにて共有するのが良いかと思います。
  その場合のコピー先のフォルダは
   (デフォルトだと)[My Documents]-[PS VITA]-[PSAVEDATA]-[数字とアルファベットが組み合わさった文字列(16桁)のフォルダ]
  の配下になります


B.3.PS VITA→PCへセーブデータをコピーする

 a.PS VITAとPCをUSBケーブルで接続します
  ※PSPとの接続はそのままでも大丈夫です

 b.PS VITAにてコンテンツ管理を選択します

  PS VITAのアイコンから[コンテンツ管理]を選択してタップします
  (接続直後はアイコンがアピールします)

 c.コンテンツ管理画面からセーブデータをPCにコピーします

  [コンテンツをコピーする]の項目から、[PS VITA → PC]をタップします
  [アプリケーション]をタップします
  [セーブデータ(PSP/その他)]をタップします
  PS VITAにあるセーブデータの一覧が表示されるので、PCにコピーしたいデータにチェックをして右下の[コピー]をタップします

 d.PCでのセーブデータを確認します

  コンテンツ管理アシスタントで設定したPS VITA用データベースのフォルダに、アイマスSFのセーブデータが存在するか確認してみてください。
  PCのコピー先のフォルダは
   (デフォルトだと)[My Documents]-[PS VITA]-[PSAVEDATA]-[数字とアルファベットが組み合わさった文字列(16桁)のフォルダ]
  の配下になります

  ※セーブデータのフォルダ名はB.2.のd.を参照してください


これでPCへセーブデータをコピーできました。
この後、転送先のデバイス(PSP or PS VITA)へコピーします。


B.4.PC→PSPへセーブデータをコピーする

 a.PSPとPCをUSBケーブルで接続します

 b.PSPにてUSB接続を選択します

  XMBの[設定]→[USB接続]で○ボタン押下
  USBモードの表示を確認する

 c.PCにて接続したPSPをエクスプローラーで参照します
  参照したPSPのフォルダを以下のフォルダ名で辿ります

  [PSP]-[SAVEDATA]

 d.PSPからPCへセーブデータをコピーします

  c.で表示したフォルダへ、PCに保存されているPSP用ソフトのセーブデータをコピーします


B.5.PC→PS VITAへセーブデータをコピーする

 a.PS VITAとPS3をUSBケーブルで接続します
  ※PSPとの接続はそのままでも大丈夫です

 b.PS VITAにてコンテンツ管理を選択します

  PS VITAのアイコンから[コンテンツ管理]を選択してタップします
  (接続直後はアイコンがアピールします)

 c.コンテンツ管理画面からセーブデータをコピーします

  [コンテンツをコピーする]の項目から、[PC → PS VITA]をタップします
  [アプリケーション]をタップします
  [セーブデータ(PSP/その他)]をタップします
  PCにコピーされているセーブデータの一覧が表示されるので、PS VITAにコピーしたいデータにチェックをして右下の[コピー]をタップします


 セーブデータのコピーの手順の説明は以上です。

 PSPとPS VITAで共用するセーブデータの管理は結構煩わしいと思います。(苦笑)
 マニーやゲームのクリア状況が戻ってしまわないように、皆さんの各自で十分に気を付けて管理をしてくださいね。
 私にはそこまでの責任は負えませんので。。。


C.おまけ

 1.追加曲DLCのデータフォルダは今回は別に用意されていません。
  PSPの場合、[PSP]-[GAME]-[NPJH50674]の配下にある[DATA]というフォルダに収められるようです。

 2.最初に23分のアニメを観た直後では、入力したユニット名はゲーム進行のセーブデータには反映されないようです。
  とりあえず、小鳥さんアシストを設定した場合、「2回目のステージでのプレイ」後にアクセスできるようになるバックステージでマニュアルセーブをしてからセーブデータをコピーして移動、とするとコピー先の機器で反映されていました。

 3.楽曲「The world is all one」のDLCのコードは1つだけ在れば、PS Storeから各機器へインストールする事ができます。
  初回版特典の無い方、DL版だけを購入された方は他のプロデューサーさんに聞いてみてはいかがでしょうか?

 4.PSPとVITAで、コピーを忘れて別々にゲームを進めてしまった場合ですが。
  共通データと各タイトル毎の進行状況のデータは「別々に」コピーしてもとりあえず大丈夫になっています。
  共通データで持っているデータ(マニーと名刺)と、進行状況のデータ(楽曲、難易度毎のクリア状況、SOFの進行状況、アイテム保持数など)で有利な方を残すようにコピーすれば良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/09

[イベント]ソニー銀座ショウルームの「4K体験会」に行って来ました

という事で、7日に銀座にあるソニーのショウルームで現在行われている「DRAMATIC 4K EXPERIENCE」、4K映像体験会に行ってきました。

HPはこちら。
http://www.sonybuilding.jp/event/opus/dramatic4K/
(期間限定イベントのため、イベント期間終了後のリンク先はアクセスできない可能性があります)

「4K」というのは、リンク先のページにも解説がありますが、「フルHD(High Definition)映像の解像度 : 1920×1080 画素に対して4倍以上の映像情報量を有している映像」を指しています。
現在では縦、横ともに2倍の解像度(3840×2160画素)を持つ映像や録画、表示装置を指して「4K」という事が多いですね。

このイベントでは「グランツーリスモ5」をPS3を4台使用して、4画面を結合して4K表示を行う技術デモを実際に体験できたり、αシリーズのカメラで撮影された映像を4Kパネルで表示させるデモを体験できたりするものです。
イベントとしては小ぢんまりしてますが、4Kの解像度を持ち、高いコントラストで表現力のある映像デバイスで再生される高精細映像を目の当たりにする機会はまだ少ないと思いますので、気になった方は是非とも足を運ばれてみる事をオススメします。

正直な感想として、アナログのSD画質からフルHD画質のパネルを、PS3が出た頃の話ですので6年前になりますが、目の当たりにした時にはその美しさにとても驚いたのですが。
今回の4K映像を目の当たりにした時は同じような驚きを感じました。
また、コントラスト比などのデバイスとしての表現力も、6年前と比較してより強力なものになっている事もあると思いますが、それを加味しても4K映像の美しさには惹き込まれるものがあるなと感じました。
現状でソニーのブランド「ブラビア」の4Kパネルが市販される事に、正直「まだちょっと早いかな」という感想を持っていたのですが…
実際に4K映像を目の当たりにする事で、今回の4Kパネル「X9000」が市販される事はなかなか簡単に手に届く値段ではまだありませんが、歓迎すべき事だなと思いました。

民生用として作られる事で、イベントや街中で4Kパネルを使われる機会も増えると思います。
最初は気付かないかもしれませんが…「あれ?なんか妙に綺麗じゃない、これ?」と思った時はそれはもしかしたらフルHD映像ではなく、4K映像なのかもしれません。
「より、自然な表現力を携えた映像デバイスを」
解像度を追求する映像パネルの進化はまだまだこれからも続いていく…、そう感じたイベントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2015年1月 »